バイアグラのジェネリック・カマグラゴールドvs処方薬

ED治療薬のパイオニア・バイアグラのジェネリックは、カマグラゴールドのみならず。
実は日本の製薬会社でも製造・販売が行われているのです。

厚労省の認可を受け、泌尿器科やクリニックでも処方してもらうことが可能。
となれば、カマグラゴールドを通販しなくてもいいのでは?という疑問が出てきそう。

ここでは、カマグラゴールドと日本製のジェネリック、どっちを選ぶべきか迷ったときのポイントをご紹介します。

バイアグラのジェネリック、おトクなのはどっち?

バイアグラのジェネリックについて

バイアグラのジェネリックとして、カマグラゴールドがいかにオトクであるかは前述しました。
(※バイアグラ派におススメ・通販で買えるジェネリック「カマグラゴールド」

日本の医療機関でバイアグラのジェネリックをリクエストする場合、
どのくらい節約できるのか?
ほかにメリットはあるのか?

などをみていきましょう。

日本のバイアグラジェネリックとは

インド・アジャンタファーマ社のカマグラゴールドに遅れること一年、2014年に東和薬品から「シルデナフィル錠」としてバイアグラのジェネリックが販売されました。
その後、キッセイ薬品や陽進堂、あすか製薬といった製薬会社が、製造・販売を始めています。

本家バイアグラと同じようなひし形をした水色の錠剤や、円形の錠剤、水がなくても口の中で溶けるタイプのOD錠など、さまざまな形状で展開。
バリエーション豊富な選択肢のなかから、使い勝手や好みに合わせてチョイスできるようになりました。

ED治療は自由診療のため、バイアグラやシルデナフィル錠の購入はすべて自己負担。
販売価格はクリニックによって異なります。

処方価格の相場としては、

バイアグラ 50mg×1錠 1,500円
シルデナフィル錠 50mg×1錠 1,000円

3分の2の価格で購入できるようになっています。

処方薬でもジェネリックを選べば、けっこうな節約につながります。
この価格で買えるなら一度受診してみようかな、と考える男性もいるでしょう。

通院することの最大のメリットは安心感です。
医師と顔を合わせて相談できることで、自分が抱えるEDの症状について理解を深めることができます。
また、自分にあった用量のED治療薬を処方してもらえるので、薬の服用も安心。

EDやED治療薬に対して不安がある人は、医療機関やED専門のクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

カマグラゴールドと国産ジェネリックの違い

バイアグラのジェネリック、インド製のカマグラゴールドと日本製のシルデナフィル錠。同じ有効成分でできているのですから、どちらに軍配をあげるべきなのかは悩みどころです。

カマグラゴールドを選ぶ、つまり通販で買うことの最大のメリットは節約できること。
50mg4錠を1,830円(1錠あたり457円)で買えるカマグラゴールドに対して、処方されるシルデナフィル錠は1錠で1,000円が相場。
さらに通院するためには交通費がかかったり、診察料が別で請求されたり。自信をもってセックスを楽しむという目的のために、どれだけの費用をかけるのかが判断基準のひとつになるでしょう。

通販なら薬代+送料のみ
サイトによっては注文金額に応じて代金の割引率アップ、さらに送料はサービスという場合もあるのでうまく活用できれば非常に大幅なコストダウンが実現します。

安心感にプライオリティをおくなら国内で処方薬を、安く買いたいなら通販で買えるカマグラゴールドを、ということですね。

更新日:

Copyright© カマグラゴールド通販|バイアグラの勃起力をローコストで手に入れる , 2018 All Rights Reserved.